男性女性

しつこいめまいに終止符を打とう|ストレスフリーな生活を心がける

このエントリーをはてなブックマークに追加

聞こえにくさを感じますか

悩む男性

治療方法が異なります

加齢に伴う老人性難聴や、突然聞こえなくなる突発性難聴、めまいと共に難聴を併発させるメニエール病はどれも聞こえにくさに悩む症状です。コンサート会場で大きな音を長時間聴いたことで起こる外傷性難聴は、しばらく安静にすることで難聴は回復していきますが、病気に伴う難聴では早期に治療が必要になります。内耳のリンパ液の流れや血流を改善することで回復に向かいますが、治療が遅れるとある程度の難聴が残ってしまうこともあります。病気や怪我による難聴ではなく、加齢が原因の老人性難聴では体の劣化によるものなので回復の見込みは難しく、補聴器による聴力改善が必要になります。自分の難聴の原因により、治療方針が異なってきます。

微調整が大切です

補聴器は聴力レベルにより聞こえをサポートしますが、聴力を取り戻すことはできません。聴力レベルに合わせて補聴器を設定するとその人の聴力に合わせた聞こえになります。人により補聴器から出力された音色に慣れにくい人がいます。その際には定期的に補聴器専門店へ通って微調整を行うことで改善していきます。季節により機械の内部に汗が溜まってきたり、ほこりが入り込む事があるため、数年後にはオーバーホールをするとよいでしょう。耳穴型の場合、長期間使用していると耳穴の形状が変わることがあります。耳穴に隙間があるとハウリングを起こしたり音色が変わることがあります。その際にはオーバーホール時に耳型を作り直すことも可能です。