男性女性

しつこいめまいに終止符を打とう|ストレスフリーな生活を心がける

このエントリーをはてなブックマークに追加

中耳炎を治療しよう

ドクター

子供に多い症状

1歳から10歳の子供に多いのが中耳炎です。この中耳炎は風邪をひいた場合などにほとんどの子が1回は経験する症状です。症状が軽い子の場合にはほとんど自覚症状もないため親も気づきませんが、子供には頻繁にみられる症状であるため、子供が風邪をひいたときには中耳炎を併発する可能性があることは常に意識しておきましょう。中耳炎の症状は耳の裏側が腫れることや耳ダレなどの症状が中心となります。子の腫れや耳ダレの症状は膿がたまったことによるものです。耳の中には鼓膜の奥に中耳と呼ばれる空間が広がっています。この中耳は管によって鼻の奥とつながっているのが特徴で、風邪の菌がこの管を通って侵入することで中耳に膿がたまってしまい腫れや耳ダレの症状が出るようになるのです。

夜間でも大丈夫

中耳炎はそれほど痛みが出ない場合も多いのですが、ときには腫れが強いため子供が泣き叫ぶほど強い症状が出る場合もあります。そのような場合にはすぐに医療機関で診察を受ける必要があります。子供の中耳炎の症状は耳内部の膿を吸い出せば次第に回復するのが特徴です。治療を行えばすぐに強い症状は治まりますが、完治するまでに1ヶ月ほど継続して治療を続ける必要がある点に注意が必要です。中耳炎の症状は夜間などに急に発症することも珍しくありません。そのようなときに困るのが夜間に診察を受け付けている小児科が少ない点です。そこでおすすめしたいのが新宿の耳鼻科です。耳鼻科は耳やのどを専門的に診察する診療科で中耳炎も耳鼻科で治療を行うのが最適となっています。新宿の耳鼻科であればビジネス街がそばにあるという土地柄から夜間でも診察を受け付けているところが数多くあります。また新宿駅など大きなターミナル駅のそばで診察を行っているところも多いので、公共交通機関を利用して受診することもできます。夜間に子供が急に中耳炎を発症して困ったときは新宿の耳鼻科で診察を受けることをおすすめします。